事業承継、M&Aなど中小・成長企業支援に携わる方へ
経営の仕組み化を支援できる
唯一の存在になりませんか?
オンラインでスタート、一生活躍できる
仕組み経営コーチ
仕組み経営コーチになるメリット
  • コンサルティングは出来るが、集客できない
  • コーチングは出来るが、経営を支援できるノウハウがない

コンサルタントやコーチを目指している/している方の中でも、上記のような悩みをお持ちの方は多いと思います。

仕組み経営コーチは、コーチング+経営ノウハウ+集客&セールスノウハウ、さらに自己成長のための学びを得られるトレーニングとコミュニティをご提供しています。

より具体的に言えば、

  1. 世界中で実証された社長の本質的な問題を解決するメソッド
  2. 事業承継や生産性向上等、時流に対応。
  3. 一生活躍可能な対象市場
  4. セッションや集客など、重要な仕事に集中できる仕組み。
  5. 全てオンラインで完結可能な仕事
  6. 実証された成約までの流れ

が得られます。

仕組み経営とは?
有名企業も実践
仕組み至上主義の経営

業績急成長中でメディアでも注目を集めるアイリスオーヤマ。同社の経営理念には次のような言葉があります。

「会社の目的は永遠に存続すること。いかなる時代環境に於いても利益の出せる仕組みを確立すること」

この理念について大山会長は、「仕組み至上主義」とおっしゃっています。

仕組みを重視する経営をすることで、大山会長が社長を引退してからさらに成長したのです。

アイリスオーヤマのような大企業でなくても、組織人数がある程度増えてくると、人依存から仕組み依存への変革が求められます。

会社がまだ小さいうちは創業メンバーの職人技で会社が成長していきます。創業メンバーの営業力、人脈、技術力など属人的な能力で成長していくことができるのです。

しかし、成長につれ組織人数が増えてくると、今度はそのような属人的な能力がかえって仇となり、社員が育たなかったり、離反が生じたり、いつまでも創業メンバーに仕事が依存したり、などさまざまな問題が出来てます。

これらの問題を乗り越え、さらに成長していくためには、会社の経営を「人依存」」から「仕組み依存」に変えていく必要があります。

ほとんどの会社が小さいままで終わるのは、この仕組み化の壁を超えることができないためなのです。

人依存 vs 仕組み依存

集客、営業、技術、開発、管理、採用等々、多くの社長は、社長とは名ばかりで、現場の業務を自分自身で回しています。

このような状態では、本来経営者の仕事である、会社の未来を考える時間を創ることができません。

一方、成長し続けている会社は仕組みに依存する経営を実践することで、社長が本来の仕事に集中し、さらに成長していっています。

人依存の会社と仕組み依存の会社では、社長の経営に対する考え方が180度違います。上図はその一部です。

仕組み経営コーチは、ほとんどの中小・成長企業が陥る人依存の経営から仕組み依存へ変革していく支援をします。

なぜいま仕組み経営コーチが
求められるのか?
  • 事業承継問題
    • 社長年齢の高齢化により、社長が交代しても経営できる会社作りの必要性が増加しています。社長が交代してもうまく回るためには、社長個人の勘と経験による経営から仕組みに依存する経営へと変革する必要があります。
  • ライフシフト問題
    • 30代~50代でいったんリタイアし、次の人生を目指す経営者が増加しています。社長業をいったんリタイアする、つまり、会社を売却したり、会長職に勇退するには、社長個人に依存しない経営体制にしていく仕組みが必要になります。
  • 働き方改革問題
    • 働き方改革の本質は生産性の向上です。日本企業の大きな課題は、生産性を向上させるための仕組みがないことであり、仕組み経営はその解決策になります。
  • 人材不足問題
    • 多くの中小・成長企業は人出不足で悩んでいます。少子化、人口減が進む日本では、仕事を仕組み化して、小さなチームで大きな仕事をする必要性が増加しています。
仕組み経営コーチになる流れ
仕組み経営コーチ
体験キットの内容

体験キットの内容は、仕組み経営コーチトレーニングで実際に配布しているマニュアルをご提供します。仕組み経営コーチに本申込みされる方はもちろん、本申込みされないコーチやコンサルタントの方にも十分にお役に立てる内容になっています。ぜひご活用ください。

①仕組み経営コーチマニュアル
(PDF 91ページ)
実際のマニュアルの一部をキャプチャした画像
1. 仕組み経営コーチの基本知識
  • 仕組み経営コーチが出すべき成果とは?
  • 仕組み経営コーチの仕事リスト
  • 仕組み経営コーチとして活躍する基準
  • 経営者がコーチに期待することとは?
  • 仕組み経営コーチに必要な「7スキル・ダイナミクス(7つの能力)」を解説
  • 仕組み経営のクライアントの基準
  • 仕組み経営コーチの利益モデル
2. コーチとしての基盤を確立する
  • 目的、目標、計画の立て方
  • 貧乏暇なしにならないための時給の考え方
  • リサーチャーか実践者か、どちらからスタートする?
  • 自分の強みを活かす働き方
  • 社長専門コーチに必要なスキル一覧
  • コーチングが売れるためのストーリーテリングの仕方
  • クライアントに響くプロフィールの書き方
  • ハイパフォーマンスを出すための習慣一覧
  • 悩んだ時の心のよりどころ
  • 学び続ける仕組みづくり
3. 集客~成約の仕組みづくり
  • 集客メディアを複数持つべき理由
  • ストック型集客の仕組み
  • 集客の全体設計
  • ブログチェックリスト
  • ウェブサイトチェックリスト
  • LPチェックリスト
  • 集客コンテンツの作り方と活用方法
  • 集客コンテンツにエッジを持たせ、差別化する方法
  • 集客&成約を改善し続けるための数字管理
  • フロントセミナーの流れ
  • 個別相談の流れ
  • メルマガから継続的に集客する仕組み
  • 自動的に見込み顧客を生み出すステップメールのシナリオ
  • 成約までのボトルネック発見方法
4. 価値提供の仕組みづくり
  • 理想の顧客像を明確にする方法
  • ニッチ領域を決める二つの切り口
  • 一点突破するためのハリネズミテストとは?
  • ビジネスを拡大するためのニッチ拡張
  • 商品の全体設計
  • 各セッションの流れの設計
  • 価格の妥当性を説明するには?
  • クライアントのための実行計画とは?
  • クライアントをちゃんと“船に乗せる”流れ
  • 顧客との関係性は4段階ある
  • 顧客との信頼関係構築の方法
  • セッション後のリフレクションの方法
  • 「顧客はシステムである」の考え方
  • 最終セッションを迎える仕組み
②コーチマニュアル解説動画
(51分27秒)
③仕組み化全体マップ

私たちが実際にお客様にご提供している仕組み化とは何を、どの順番で取り組めばいいのかを明確にした「仕組み化全体マップ」をご提供します。

仕組み経営コーチ
体験キットのお申込み
ご参加対象
  1. コーチ、コンサルタントになりたい方
  2. コーチ、コンサルタントでもっと活躍したい方
ご提供価格

29,800円(クレジットカード or ペイパル)

ご提供価格

勝亦徹(仕組み経営株式会社 代表取締役)
経営者の独自の強み(=エグゼタイム®)を活かした経営戦略構築、仕組化支援、外注化支援のエキスパート。「エグゼタイム仕組み戦略サクセス・フォーミュラ」を体系化し、経営者の働く時間に依存せず会社が成長するビジネスモデル構築を支援。経営者に寄り添い俯瞰したサポート力には定評がある。口コミで、全国の経営者から戦略参謀としての依頼が集まっている。

清水直樹(仕組み経営株式会社 取締役、一般財団法人日本アントレプレナー学会代表理事)
大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。海外の経営ノウハウをリサーチし続け、世界No.1(米INC誌による)の起業・経営の権威、マイケルE.ガーバーと出会い、10年以上にわたり学びを受け続ける。現在は、日本企業をワールドクラスカンパニー®にするための支援活動に力を注いでいる。

お申込み後の流れ

お申込み後、商品ダウンロードページをメールにてお届けします。もし30分ほどたっても、メールが届かない場合、お手数ですが、gescontact@entre-s.comまでご連絡をお願いいたします。

【重要】次ページの「最新ニュースと限定情報をメールで受け取る」のチェックは外さないでください。商品お届けのメールが届かなくなります。

一般財団法人日本アントレプレナー学会は、2010年よりマイケルE.ガーバー氏の日本における独占ライセンシーとしてスタートし、現在は世界中から中小・スモールビジネスの経営に役立つコンテンツを集めて日本の経営者の方々にご提供しております。

一般財団法人日本アントレプレナー学会
〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F

TEL:03-6869-6985 / FAX:03-6868-5694
https://entre-s.com
特定商取引法による表記

Copyright  The Japan Foundation of Entrepreneurship.

仕組み経営事例インタビュー

元の画面に戻るには、ウィンドウ右上の×印をクリックしてください。