あなたの会社はどっち?
属人経営からの卒業
仕組みで勝手に成長する
会社の創り方
過去40年間、世界中で実績を生み出した
仕組み経営導入パッケージ
「自分がいないと会社が回らない」 「自分に仕事が集中している」 「いつも人の問題に悩まされている」 と感じる社長へ
属人経営からの卒業
仕組みで勝手に成長する
会社の創り方
過去40年間、世界中で実績を生み出した
仕組み経営導入パッケージ

体験ウェブセミナー 公開中。

会社の仕組み化を進めたい方向けに、85項目の診断付ウェブセミナーを公開中。
「企業は人なり」は嘘?

「企業は人なり」「人こそが会社の最大の資産である」というのは良く知られた格言です。会社は人で成り立っている以上、人が大切なのは当然です。

一方、世の中の中小・成長企業の社長を見てみると、そのほとんどが、毎日「人の問題」に悩まされているのが実態ではないでしょうか?

たとえば・・・・

社員の仕事のミスの対応に追われる

社内に人が増えてくると、創業者が直接フォローできない仕事や人が増え、想像していないミスが増えてきます。

社内コミュニケーションが希薄になってきた

オンライン化やリモートワークが進むにしたがって、社内のコミュニケーションが欠けてきている社長も多いのではないでしょうか。コミュニケーション不足は会社と社員の信頼関係の崩壊や仕事の水準に悪影響を与えます。

良い人材の採用が出来ない

事業の成長に人の採用が追い付かず、会社としての成長が止まることがあります。

人材のミスマッチが多く、すぐ辞めてしまう

人が足りないからと言って、とにかく能力や肩書がある人を採用しようとすると、ミスマッチ、いわゆるカルチャーフィットしない人材が増えていきます。残念ながら人材のミスマッチは会社にとって多大なコストになります。

仕事が創業者や特定の個人に依存

人が増えてきたにもかかわらず、創業メンバーが創業期の意識のままだと、権限移譲が進まず、依然として“創業者の個人事業”の域を抜け出せません。

理念の共有に苦慮している

組織成長につれて最も大きな悩みがミッション、ビジョン、バリューなど、いわゆる理念の共有です。ミッション、ビジョン、バリューは会社の文化の基盤になるものであり、これが共有できないと文化の崩壊=組織崩壊につながります。

自立型社員が育たない

社長が日々、細かい指示を出している会社では、社員は自分の仕事に自信を持つことができず、”社長の指示を仰いでからにしよう”というように、いわゆる指示待ち人間なっています。この状態が続くと、社長はますます細かい指示を出さなければ社員が動かなくなるという悪循環に陥ります。

属人経営から抜け出すカギは、
「会社経営の仕組み化」

会社がまだ小さいうちは創業メンバーの職人技で会社が成長していきます。創業メンバーの営業力、人脈、技術力など属人的な能力で成長していくことができるのです。

しかし、成長につれ組織人数が増えてくると、今度はそのような属人的な能力がかえって仇となり、社員が育たなかったり、離反が生じたり、いつまでも創業メンバーに仕事が依存したり、などさまざまな問題が出来てます。

これらの問題を乗り越え、さらに成長していくためには、会社の経営を「人依存」」から「仕組み依存」に変えていく必要があります。

ほとんどの会社が小さいままで終わるのは、この仕組み化の壁を超えることができないためなのです。

あなたの会社はどっち?

集客、営業、技術、開発、管理、採用等々、多くの社長は、社長とは名ばかりで、現場の業務を自分自身で回しています。

このような状態では、本来経営者の仕事である、会社の未来を考える時間を創ることができません。

一方、成長し続けている会社は仕組みに依存する経営を実践することで、社長が本来の仕事に集中し、さらに成長していっています。

人依存の会社と仕組み依存の会社では、社長の経営に対する考え方が180度違います。上図はその一部です。

仕組み至上主義とは?

業績急成長中でメディアでも注目を集めるアイリスオーヤマ。同社の経営理念には次のような言葉があります。

「会社の目的は永遠に存続すること。いかなる時代環境に於いても利益の出せる仕組みを確立すること」

この理念について大山会長は、「仕組み至上主義」とおっしゃっています。

仕組みを重視する経営をすることで、大山会長が社長を引退してからさらに成長したのです。

また、一時38億円の赤字を出した無印良品は、属人経営から仕組みに基づく経営に変革することで、V字回復を実現させました。

このような大企業でなくても、組織人数がある程度増えてくると、人依存から仕組み依存への変革が求められます。

あなたの会社に毎日発生中の
仕組み不在によるコストとは

「仕組みは大切だとわかっているが、なかなか仕組みづくりに手につかない」という社長も多いのではないでしょうか。

仕組み化は、「重要だけれど、緊急性が低いもの」と考えられがちです。しかし、実はあなたの会社に仕組みが欠けていることで、毎日、多大なコストが発生しています。以下はその一部です。

採用の仕組みの欠如⇒ミスマッチによる離職増加
採用のミスマッチによるコストはその人の年収の数倍と言われています。人件費そのもののコストもありますが、離職対応に伴う後ろ向きな仕事のコスト、また、離職者が増えることによる社内文化の悪化などもコストも含みます。
営業の仕組みの欠如⇒販売機会の減少
仕組み≒成功の複製と考えれば、優れた実績をあげている営業担当者のやり方を複製することで、ほかの人も同じように成果を上げることができます。逆に営業の成果が特定の人物に依存しているのあれば、大きな販売機会の損失を生み出していることになります。
社員毎にバラバラな顧客対応⇒リピート率の低下

あなたの会社の社員は、顧客にどのような対応をすればブランドが維持できるかを理解していますでしょうか?多くの会社では、社員ごとにバラバラな顧客対応をしていることで、大きな損をしています。「前回の人は良かったけど、今回の人はいまいちだったな」と思われてしまったら、二度とリピートしてくれません。

社長が現場から抜けられない⇒戦略の欠如
ほとんどの社長が気が付いていないものの、最も大きなコストがこれです。社長が社長の仕事を出来ていないことほど大きなコストはありません。社長が現場で働く、というのは耳に聞こえがいいかもしれませんが、その分、社長の本来の仕事がおろそかになっていると言えます。社長の仕事は、現場で働くことではなく、戦略や仕組みづくりを行い、社員が楽に成果を出せるような環境を創ることなのです。
経営者の悩みは40年前に解決済み
「会社を仕組み化する方法」を仕組み化した
仕組み経営導入パッケージ

はじめまして、一般財団法人日本アントレプレナー学会の清水です。

私たちは、世界No.1(米INC誌による)の起業・経営アドバイザー、マイケルE.ガーバー氏から学んだ原則を基に、会社の仕組み化を目指すための経営者/経営幹部向けの「仕組み経営導入パッケージ」を開発しました。

仕組み経営導入パッケージは、「仕組み化する方法を仕組み化した」独自のメソッドであり、再現性のあるやり方で会社の仕組み化が可能になります。

人依存から脱却し、
仕組みで成長した事例

わずか一年で働く時間を1/3に

株式会社エグゼサポート勝亦徹様

5年前に起業、中小スモールビジネス経営者向けにサービスを提供されて、社員一人当たり1億円を実現されてます。仕組み化に取り組み始めてからはわずか1年で働く時間を1/3以下にしました。

年に36時間働くだけで年商5倍に

株式会社CODE7 桑原 匠司様

桑原さんは、私たちが活動をスタートさせた初期段階から仕組み化に取り組まれました。いまでは年に36時間働くだけで年商が当時の5倍に成長した、という素晴らしい実績の持ち主です。現在は空いた時間を使い、新規スタートアップに取り組まれています。

100人以上の組織をほぼ出社無しで運営

有限会社ファイブアローズ 岩下由加里様

岩下さんは創業前からマニュアル化のバイブルである「はじめの一歩を踏み出そう」(マイケル・E・ガーバー著)を参考にして、会社を作られてきました。今では100人以上のスタッフを抱えながらも、マニュアル化/仕組み化したおかげで新規事業にも取り組む余裕を創出されています。

3件の事業売却に成功

新部勝美様

新部さんは、仕組み化の発想を身に付けたことで、3件の会社売却を実現されました。現在は、その経験を活かし、M&Aのコンサルティングなどでご活躍されています。

仕組み経営で実現すること

ケース1. 組織を整え成長軌道に

社員が増えてくると、組織が混乱していきます。仕組み経営で組織を整えることで、人が増えても秩序だって運営でき、成長軌道に乗ることが出来ます。

ケース2. 社長の自由時間増加

会社を仕組み化することで、社長自身が朝から晩まで休みなく働く状態から抜け出し、休暇と仕事のバランスを取ることが出来ます。 また、ほとんどの経営者は、目の前の仕事に忙しく将来を考える余裕がありません。経営を仕組み化することで仕事を任せ、未来に向けた事業に力を注ぐことが出来ます。

ケース3. 会長職への勇退

仕組み化で社長業も後継者に任せ、会長職に勇退することも出来ます。月に数回、会社の経営支援をしながら、新しい人生もチャレンジすることが出来ます。

ケース4. 内部承継

家族承継、社員承継も仕組み化がされていればスムースに行えます。社長が交代してもうまく回る状態になっていれば、引き継ぐ側も引き継がれる側も安心感が生まれまます。

ケース5. 外部承継(M&A)

会社を仕組み化することで、高値で売却できる会社が実現し、M&Aで外部に承継することが可能になります。逆に社長に依存している会社は買う側のリスクが高いため、外部承継が難しくなります。
仕組み経営が
社長から支持される理由
1.成功法を体系化

仕組み経営のメソッドは、私たちの個人的な経験で作り上げたものではありません。40年以上ににわたり、くの経営者があなたより前に悩み、失敗し、成功してきたことの集合体です。”愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ”といいます。すでに世界中で実績のある手法をご活用いただくことで、最短距離であなたの望む会社作りと人生を実現できます。

2.社長の理想実現の仕組み作り
仕組み経営は、私たちのやり方を御社に当てはめるものではありません。あくまで経営者の望む会社作りに向けて、必要な仕組みづくりをご支援することが目的です。数ある仕組みづくりのノウハウの中から、御社に必要な仕組みをピックアップし、セミオーダー式で理想実現をご支援します。
3.会社の成功+人生の成功

仕組み経営は単なるノウハウの詰め合わせではありません。世界中で成功している起業家、経営者の考え方を身に付けると同時に、会社の仕組み化を進めるためのメソッドをご提供します。考え方だけでは実現性に乏しく、メソッドだけでは”仏作って魂入れず”になります。考え方とメソッドの両方をご提供することで経営者/リーダーとして成長しながら、会社も成長させていくことができます。

4.経営人材の育成

仕組み経営導入パッケージに社長だけではなく、リーダークラスの方も一緒に取り組んでもらうことで、非常に効果的な教育効果が期待できます。会社の理念を実現する仕組みとは何か?を経営者と一緒に考えることで、自然と経営人材(後継者候補や社長の右腕)が育っていきます。

仕組み経営導入パッケージ
体験ウェブセミナー
「仕組みで勝手に成長する会社の創り方」

仕組み経営の導入にあたりまして、まずは体験ウェブセミナー「仕組みで勝手に成長する会社の創り方」にお申込みください。体験ウェブセミナーでは、仕組み化の基本から開発ステップまでをご紹介しています。また、85項目の仕組み化診断シートもご提供します。

体験ウェブセミナーの内容
「人依存」vs「仕組み依存」
  • すべての会社が突き当たる仕組み化の壁とは何か?
  • 大半の中小・成長企業がスケールできない理由は、創業メンバーが優秀だから?
  • 「人こそが資産」だと思っているとがっかりする理由と、会社の本当の資産について。
  • 仕組み化は社員をコントロールするものではなく、社員のポテンシャルを発揮させるもの。その意味と事例。
  • 社内文化が悪化する理由とその対処法。
  • 成長企業が理念に掲げる「〇〇〇至上主義」とは?
  • 仕組み化とは一体どんな仕組みを創ることなのか?その一覧をご紹介。
仕組み化に成功した事例
  • 週一出社で100名以上の会社を運営する事例。
  • 社員数25人⇒2人⇒30人以上とV字回復した事例。
  • 1年で現場仕事を抜けられた事例。
  • 仕組み化で3件の事業売却に成功した事例
仕組みで勝手に成長する5つのステップ
  • 成長ステージに合わせた仕組み化とは?会社の成長を6つのステージに分解して図解。
  • 職人型社長と起業家型社長の決定的な違いを解説。
  • 会社経営は手段に過ぎない。あなたが経営している本当の目的を明らかにする。
  • ビジネスに人生を持ち込んだほうが会社は活気づき、勢いづく。その意味を解説。
  • 社長がやるべきことは、究極的にはこの3つ。最初のステップは・・・
  • 経営者と起業家の違い。最初にはみんな起業家だったが、そのうち、経営者になってしまい、成長が止まる。その理由と対処法を紹介。
  • スターバックス、ディズニーが毎日行っているのは、仕組みの改善。仕組み改善の仕組みについて解説。
85項目の診断シート付

体験ウェブセミナーには、85項目の診断シートが付随しております。診断では社長の仕事とプライベートのバランスから始まり、会社の運営を7つの分野(7つの経営力学)に分け、総合的に仕組み化度合いを診断できます。

  • リーダーシップ:社内にリーダーシップの機能を創る力
  • ブランド:仕組み化の前提となる自社のブランドを定め、表現する力
  • 財務:ビジョン達成のために、いまある資金を最大限に活かす力
  • 組織:人と仕組みを通じて物事をやり遂げる力
  • 価値提供:いつでも最高品質の商品・サービスを提供する力
  • セールス:毎回同じように、見込み顧客を顧客へと転換する力
  • マーケティング:最高の顧客を創出し続ける力
ご参加対象

社員数5名~の会社経営者の方が対象になります。

価格

1万円(クレジットカード払い)

ご提供方法
  1. 以下のお申込みボタンからお申込みください。
  2. お申込み後、すぐにウェブセミナーと診断シートの視聴/ダウンロードページをメールにてご案内したします。(万が一、30分経ってもメールが届かない場合、お手数ですが、お問い合わせください)
期間限定半額でご提供中

【重要】次ページの「最新ニュースと限定情報をメールで受け取る」のチェックは外さないでください。重要なご連絡メールが届かなくなります。

よくある質問&疑問
Q.仕組み化=マニュアル化でしょう?面倒くさそう。

×仕組み化=マニュアル化

〇仕組み化=成功の複製

「仕組み化ってマニュアル化でしょう?面倒くさそう」と思っている方が多いようです。しかし、マニュアル化は仕組み化の一部でしかありません。仕組み化とは、良い習慣作りと言えます。社内に良い習慣作りを増やしていくことで、自然と経営がうまく行くようになります。

Q.仕組みよりも人が大事。社員の自主性を重んじたい

×仕組み=コントロール

〇自主性とコントロールを両立する仕組み

仕組みというと社員を縛り付けるもの、というイメージを持つ方も多いようです。しかし、仕組みとは本来、その人がやったことがないような高度な仕事をできるようにするためのものです。社員の自主性を重んじようと思って仕組みづくりを怠ると、社員が勝手に行動しているだけで、ビジョンや目標に全くたどり着かない、という会社になります。また一方、コントロールを強めようとすると、ルールや規則でガチガチになり、官僚的組織になります。大切なのは、自主性とコントロールを両立する仕組みを作り、仕組みの上で自由に働ける文化を作ることなのです。

Q.仕組みを作っても売上上がらないですよね

×仕組み=守りの仕事

〇仕組み=成功の複製で攻める

仕組みとは、「成功の複製」と定義することができます。たとえば、うまく行っている営業のやり方を別の人でも出来るようにする、うまく行っているマネジメントの仕方を別の人でも出来るようにする、このように、社内でうまく行っていることを複製することで、会社の成長は加速していきます。

Q.どのエリアが対応可能ですか?
仕組み経営導入パッケージは、オンラインで世界どこからでも対応可能です。ご希望によって現地対応プランもございます。
最後に
仕組み化の先に見える世界とは?

仕組み経営導入パッケージでは、会社の理念を基に、各業務の仕組み化(標準化やマニュアル化)を実現していきます。また同時に、経営人材の育成が可能になります。

これらは短期的な導入のメリットになりますが、さらに長期的に見ていただければ、会社を人依存から仕組み依存へと変革していただくことで、経営者の人生の選択肢が増えていきます。

たとえば既存事業を社員に任せて寝かせていたアイデアを事業化する、成功モデルを複製してIPOを目指す、社長を任せて会長職になる、または会社を売却して次の人生へ移る、などなど。仕組み化によって経営者は人生の選択肢を増やすことが出来ます。

また、そのような社長の下で運営される会社においては顧客も社員もより豊かな人生を送ることが出来ます。

ビジネスのために人生が疲労するのではなく、経営者をはじめとする関わる人たちの人生にビジネスが貢献するようになるのです。

仕組み経営導入パッケージでは、そのような未来をご支援することを目的として開発したものになります。

ぜひ体験ウェブセミナーからスタートしてみてください。

これまでの活動実績
中小・成長企業の世界的権威マイケルE.ガーバー氏が開発した経営プログラム(現在は終了)を開催。世界で最も多い300名以上の卒業生を輩出。
チャットワーク創業者山本氏、新家元制度提唱者前田出氏らをお招きして「仕組み経営サミット」を開催。

クライアント企業の支援を兼ねて、ハリウッド映画アワードにスポンサー参加(Golden Globe Award, Critic’s Choice Award)。

中小・成長企業の世界的権威マイケルE.ガーバー氏認定のファシリテーターを20人以上排出(世界最多。現在は終了)。
有名メディアであるフジサンケイビジネスアイ(イノベーションズアイ)にインタビュー/コラムを連載中。
ビズリーチ共同創業者の佐藤和男氏、東証一部上場ビューティガレージ創業者野村氏を招いて、急成長企業を支える仕組みづくりの講演会を開催。
ザッポス、パタゴニア等、海外の急成長企業を複数回視察、シリコンバレーの伝説的起業家・投資家スティーブブランク氏を訪問してインタビューを実施。
一般財団法人日本アントレプレナー学会

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F
TEL:03-6869-6985
FAX:03-6868-5694
人依存から脱却し
「仕組み」で会社を成長させる
仕組み化ガイドブックを無料でご提供。
仕組み経営事例インタビュー

元の画面に戻るには、ウィンドウ右上の×印をクリックしてください。