企業は人なりは嘘?
属人経営から脱却し、
仕組みで回る会社にする方法
計203ページで仕組み化のステップと原則をご紹介します。
【社員5名以上の社長限定】
仕組み化ガイドブック(PDF203ページ)を今すぐダウンロード。
あなたの会社はどっち?

集客、営業、技術、開発、管理、採用等々、多くの社長は、社長とは名ばかりで、現場の業務を自分自身で回しています。

このような状態では、本来経営者の仕事である、会社の未来を考える時間を創ることができません。

一方、成長し続けている会社は仕組みに依存する経営を実践することで、社長が本来の仕事に集中し、さらに成長していっています。

人依存の会社と仕組み依存の会社では、社長の経営に対する考え方が180度違います。上図はその一部です。

会社がまだ小さいうちは創業メンバーの職人技で会社が成長していきます。創業メンバーの営業力、人脈、技術力など属人的な能力で成長していくことができるのです。 しかし、成長につれ組織人数が増えてくると、今度はそのような属人的な能力がかえって仇となり、社員が育たなかったり、離反が生じたり、いつまでも創業メンバーに仕事が依存したり、などさまざまな問題が出来てます。 これらの問題を乗り越え、さらに成長していくためには、会社の経営を「人依存」」から「仕組み依存」に変えていく必要があります。 ほとんどの会社が小さいままで終わるのは、この仕組み化の壁を超えることができないためなのです。
仕組み至上主義とは?

業績急成長中でメディアでも注目を集めるアイリスオーヤマ。同社の経営理念には次のような言葉があります。

「会社の目的は永遠に存続すること。いかなる時代環境に於いても利益の出せる仕組みを確立すること」

この理念について大山会長は、「仕組み至上主義」とおっしゃっています。

仕組みを重視する経営をすることで、大山会長が社長を引退してからさらに成長したのです。

また、一時38億円の赤字を出した無印良品は、属人経営から仕組みに基づく経営に変革することで、V字回復を実現させました。

このような大企業でなくても、組織人数がある程度増えてくると、人依存から仕組み依存への変革が求められます。

仕組み化ガイドブックの内容
仕組み化で実現できること
  • 人依存から抜けだし、仕組み化を進めていくと何が実現できるのかをご紹介していきます。
仕組み化とは?
  • 仕組み化、仕組みづくりという言葉は聞いたことあるけど、いったいどういうこと?という疑問にお答えします。
仕組み化のステップ
  • 仕組み経営では、各社ごとの状況に合わせて会社の仕組みづくりを進めていきますが、ここでは、基本となる流れをご紹介します。ご自身の人生とビジネスに当てはめて考えてみましょう。
歴史に学ぶ仕組み化
  • 経営の仕組み化は、歴史上、数多くの企業や研究者が取り組んできました。そのため既に多くの成功事例、失敗事例が存在します。歴史を振り返り、自社の経営に活かしましょう。
「はじめの一歩を踏み出そう」の内容
  • 仕組み化のバイブルとして世界中で活用され、成功事例を出 している「はじめの一歩を踏み出そう」の内容をまとめまし た。
仕組み化の原則
  • 仕組み化を進めるにあたって、経営者が知っておかないとい けない24個の原則をご紹介していきます。
執筆者

清水直樹

一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事

大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後独立し、海外不動産の紹介会社を起業した後、携帯電話普及の波に乗る形で、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。その後、海外の経営ノウハウをリサーチし続け、2011年に世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会う。同氏の日本におけるマスター・ライセンシーとなり、2013年には日本初のE-Myth社認定コーチ(E-Myth社はマイケルE.ガーバーが創った世界初の中小企業向けビジネスコーチング会社)になる。

【社員5名以上の社長限定】
仕組み化ガイドブック(PDF203ページ)を今すぐダウンロード。
一般財団法人日本アントレプレナー学会は、起業家、経営者の起業家精神を呼び起こし、日本の企業をワールドクラスカンパニー®にするご支援をしています。

一般財団法人日本アントレプレナー学会
〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F
TEL:03-6869-6985 / FAX:03-6868-5694 https://entre-s.com 特定商取引法による表記 Copyright  The Japan Foundation of Entrepreneurshiあ

ご登録ありがとうございます。

受信ボックスをご確認ください。一般財団法人日本アントレプレナー学会からメールをお届けしています。第三者によるイタズラ登録を防ぐためダブルオプトイン(二重確認)を採用しております。お送りしたメール内の登録完了ボタンをクリックお願いいたします。
仕組み経営事例インタビュー

元の画面に戻るには、ウィンドウ右上の×印をクリックしてください。