「社長の仕事もどき」で
忙しくしていませんか?
社長の仕事
2022
オンライン講座
「社長の仕事してますか?」
  • 社員の仕事の後始末に追われている。
  • 自分が売らないと売れないので営業活動に走り回っている。
  • 仕事を任せても完全に信頼できない。
  • 退職する社員の対応に追われている。
  • 細々したことまで自分でやらないといけない。
  • ここままでは時代に対応できないと感じているが、考える暇がない。
  • 自分が作った会社なのに、思ったような組織になっていない。

こんな悩みから解放されるために、世界700万部、経営者評価No.1を獲得したバイブルをもとに「社長の仕事」をご紹介します。

マイケルE.ガーバー著の「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」は、「起業家の視点(職人、マネージャー、起業家という3つの人格)」、「ビジネスのシステム化」、「フランチャイズプロトタイプ」、「ビジネス開発プロセス」などの新しい概念を提唱し、現在につながる、スモールビジネス経営の新しいスタンダードを創りました。

同書は、16カ国語に翻訳され、500万部以上のベストセラーとなっています。また、Inc 500社(急成長企業500社を選出したランキング)のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得しています。

出版後、10年以上経った現在においても、「最も影響力のあるビジネス書25選(米タイム誌)」、「もっとも役に立ったビジネス書ベスト5(米ウォールストリートジャーナル)」に選ばれるなど、スモールビジネス経営のバイブルとしてロングセラーとなっています。

なぜ「社長の仕事」が
出来ないのか?

社長の仕事を一言でいうと、

  1. 会社が向かうべき目的地を定め、
  2. そこに至るためにあらゆることを行うこと。

と言えます。こう書けば単純に思えますが、多くの会社では、社長が「社長の仕事」に集中することが出来ていません。

その理由は、、、

3つの人格のバランスが取れていない
私たちは誰もが、「起業家」と「マネージャー」と「職人」という3つの人格を併せ持っています。そして経営者の3つ人格のバランスが取れたときに、会社は大きく成長を遂げていきます。 しかし残念なことに、社長の中で3つの人格をバランス良く備えている人はほとんどいません。
目の前の仕事に忙殺されている
多くの社長は、「職人」の人格に支配され、目の前の仕事に忙殺されています。 そのため、本来は、組織をリードする存在であるのに、長期的な目的地を定められずにいます。

経営者が経営をしていない人が多い。コーディネートや調整はしているが、世の中がどんどん変わる中、会社を変えていかないといけない。きちんとリーダーシップをとり、会社の方向性や方針を打ち出すべきだ。過去と同じ繰り返しではいけない。日本が20年以上停滞したのは、経営者がバックミラーを見て、繰り返しをしていたからだ

ファーストリテイリング代表取締役会長 柳井正氏
実行力がない

経営者に、こういう会社にしたい、こういう貢献をしたい、という想いがあるものの、実行力に欠けているケースもあります。実行力がない経営者は、いわゆる夢想家とレッテル貼りをされてしまうことがあります。本人には実行力が欠けているという認識はないのですが、とにかく既存の事業を最適化するよりも、新しい事業を試すことに目が行きがちで、はたから見るとどれも中途半端に見えてしまうのです。

365日分の社長の仕事を
まとめました
過去に「社長の仕事365日チャレンジ」として毎日配信していた動画シリーズをまとめました。

そこで今回のオンライン講座では、社長の仕事が何かを明確に定義し、それを実行していく考え方をご紹介していきます。

具体的には以下のような内容です。

  • 社長の仕事は究極、この3つだけ
  • 社長が築くべき「8つの財産」
  • 考え抜かれた目標かどうではないかを判断する方法
  • 「平均ゾーン」 vs 「ゲームチェンジャーゾーン」この違いとは?
  • 「ビジネスに安定は無い。成長か衰退のみ」その意図とは?
  • スティーブジョブズがiMacに込めた「こだわり」とは?
  • NBA界、史上最高のプレイヤーの一人が毎日心がけていたこととは?
  • ビジネスに大きな違いをもたらすのは、この3つの要素の足し算
  • イノベーションを起こすには、この2つを変える
  • 収入を2倍にしたいなら、 〇〇への投資を3倍にする
  • 1年間、学び続けたが、まったく成長できなかった社長。その理由とは?
ファシリテーター

清水直樹
一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事
仕組み経営株式会社 取締役
大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後、海外不動産の紹介会社を起業した後、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。海外の経営ノウハウをリサーチし続け、世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会い、日本におけるマスター・ライセンシーとなる。現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。

オンライン講座概要

テーマ:社長の仕事2022

視聴方法:専用サイトでの視聴

ご提供内容:動画(約1時間34分)+ワークシート

価格:12,800円

お支払方法:クレジットカード、Paypal

対象者:業種不問、業歴不問、経営者またはそれに準ずる方

一般財団法人日本アントレプレナー学会は、2010年よりマイケルE.ガーバー氏の日本における独占ライセンシーとしてスタートし、現在は世界中から中小・スモールビジネスの経営に役立つコンテンツを集めて日本の経営者の方々にご提供しております。

一般財団法人日本アントレプレナー学会
〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F

TEL:03-6869-6985 / FAX:03-6868-5694
https://entre-s.com
特定商取引法による表記

Copyright  The Japan Foundation of Entrepreneurship.

仕組み経営事例インタビュー

元の画面に戻るには、ウィンドウ右上の×印をクリックしてください。