早割終了まで
多くのコンサル、コーチが突き当たる
3つの壁
①単価の壁

独立して契約を取ろうと思ったとき、単価を高く設定できない、という問題が良くあります。単価を高くできない理由は、自信がない、対象顧客を間違えている、成果を示せていない、などです。

活動を始めた当初は実績がないから単価を安めに設定しておこう、という考え方で皆さんそうなるのです。一見、理にかなっているように思えますが、単価を安くすると支払能力に欠ける顧客が集まるようになります。ここから復活して高単価のビジネスにするのは大変なのです。

そのため実は最初から単価を上げて、ある程度儲かっている会社を相手にする必要があるのです。そしてそのためには、得られる成果をきっちりと示す必要があります。

②時間の壁

2つ目の壁が時間の壁です。組織内で仕事をしている時と違い、独立したコンサルやコーチになるためには、あらゆることを自分自身でやらないといけません。

コンサルやコーチのメインの仕事はクライアントとの面談(セッション)になりますが、ほかにも営業や集客、コンテンツ開発等、様々な仕事が発生します。

そのため実際にクライアントと接している時間というのは多くないのです。そこに単価の低さが合わさると、意外なほど時給の低い仕事になってしまうのです。

③専門性の壁

最後の壁が専門性の壁です。コーチやコンサルになろうとする人は、何らかの専門家であるケースがほとんどです。たとえば、人事、お金、営業等々。

一方で、会社経営は、会社のありとあらゆることに目を配る必要があります。そのため、自分の専門分野だけを知っているだけではだめなのです。

会社は、様々な機能が複雑に絡みあって動いています。そのため、ひとつの分野の問題を解決するだけでは会社全体をよくすることができません。

したがって、コンサルやコーチとして長く活躍するためには、どのようにして社長が持つ全体的な視点を身に付けられるか?がカギとなります。

3つの壁を突破する
社長専門コーチとは?
こんな方におススメ

新規クライアントが集まる仕組みが無い方

差別化やブランディングに苦戦している方

忙しいわりに、あまり儲かっていない方

仕組み経営コーチに興味がある方

社長専門コーチとは、社長の人生と会社の目標達成を支援する人のことを指します。

「コーチ」と聞くと、スポーツ選手のコーチや、人の悩みを聞いてあげる人のことを思い浮かべるかもしれません。しかし、ここでご紹介していくのは、「社長専門コーチ」というほとんどの人がまだ知らない存在です。

社長専門コーチは、世界では最も成長している仕事のひとつとされていて、経営者がコーチを付けるのが当たり前とされる時代になっています。

本体験トレーニングでは、世界的ベストセラー「はじめの一歩を踏み出そう」を基に、社長専門コーチとして活躍する仕組みづくりをご紹介していきます。

「はじめの一歩を踏み出そう」は会社を成長させていくために欠かせない「仕組み化」について書かれた書籍であり、初版は40年ほど前に出版されたものにも関わらず、いまだ中小・成長企業経営者のバイブルとして世界中で支持されている書籍です。

※本講座は仕組み経営コーチにご興味がある方をメインの対象にしておりますが、そうでない方にも十分ご満足いただける内容になっています。

私が世界No.1の経営アドバイザーから学んだこと
2度の起業失敗
知識、人脈、資金すべてゼロに

こんにちは、一般財団法人日本アントレプレナー学会の清水です。

私の最初の起業は26歳の時。

IT関連だった会社員時代とは全く無関係の海外プライベートアイランドの紹介業をスタートさせました。プライベートアイランドとは、個人所有の島。超高額の不動産です。昔から自分の島が欲しいな、と漠然と考えていた私は、起業するにあたって、自分で島を買う前に島を売買するビジネスをやろう、と思い立ったのです。

当時の富裕層ブームのおかげでいくつかの雑誌に掲載させてもらったりしながら、まさに夢のような仕事をしていました。しかし、インターネットが今ほど発達していない当時、視察や海外業者との交渉に思いのほかお金がかかり、想定以上のスピードで資金がショートしてきました。

お金が無くなり、どうしようもなくなってきた頃、モバイルベンチャーのスタートアップに参画することになりました。ベンチャーキャピタルから億単位の資金調達をして、社員数も20名弱になりました。このままいけば20代で上場企業の役員になれるはずだったのです。しかし、しばらくして今度は、経営陣のビジョンの違いから組織が崩壊することになりました。一人、また一人とリーダークラスが会社に来なくなり、そのまま会社は解散になってしまったのです。

3度目の起業
3か月働いて報酬1500円

結果として30歳くらいで実質フリーターになってしまいました。毎日何もやることが無くなり、生活費を稼ぐためにアルバイトをして食つなぐことになりました。

ホテルのウエイター、パソコン教室の教師、バーの店員など学生に混じってアルバイトをしながら、どうやって生きて行こうかと悩む日々でした。

アルバイトを続ける中、インターネットを使って収入を得ようと思い立ちます。アルバイトは全部やめて、すべての時間をウェブサイトの制作やリサーチに費やしました。お金がなかったので、見様見真似でウェブサイトも全部自分で作りました。

これで稼げなかった先がない、と思っていたので本当に寝る間を惜しんでパソコン作業を続けたのです。

そして3か月が経ちます。

そのビジネスで得られた報酬はたったの1500円でした。

アルバイトも辞めていたので、この時はキャッシングに手を出し、借金生活。さすがにマズいと思いました。

一番惨めだった瞬間を今でも覚えています。

友人から食事に誘われ、外出する際、ふと財布の中を見たら数十円しかなかったのです。銀行口座ももちろん残高はゼロ。キャッシングも限界までいっていたので友人と食事に行くお金すらなかったのです。幸い、カバンの中に何かでもらった商品券が入っていたのを思い出し、それを換金してギリギリのところで食事は行くことが出来ました。

海外のビジネスノウハウを買いあさる日々

再びお金が無くなった私は、もう一度アルバイト生活に戻らざるを得ませんでした。しかし今度は、明確な目的がありました。ビジネスは海外のほうが進んでいることが分かったので、アルバイトでお金を貯めて、海外の教材を購入し、勉強しようと思ったのです。

すると、今度は以前とは全然違う結果が出ます。

数か月後には、報酬が月50万円を超えるようになりました。

この結果から、何ごとも本場から情報を得ることの大切さを学んだのです。

海外の教材は平均するとひとつ5万~20万円くらい。海外セミナーに行くとなると渡航費含めて50万円~100万円はかかります。それだけかけても学ぶ価値はあると思い、報酬のほとんどを教材の購入、さらには海外セミナーへの参加費に投資をし始めました。

海外ノウハウを使い、
24時間で3000万円

海外に目を向けてから半年くらい経った頃、海外のセミナーで出会った日本人の人と共同でプロジェクトを行いました。“投資の教材をプロダクトローンチで売る“というプロジェクトです。

このプロジェクトでは24時間で1000万円、10日で3000万円。トータルで1億円弱の売上になりました。この成功によって、私はようやく数年間にわたる“暗黒時代”から抜け出せると確信できました。

世界No.1の経営アドバイザー
マイケルE.ガーバー氏との出会い

海外情報を色々と調べている中で、マイケルE.ガーバー氏の考え方に出会いました。「はじめの一歩を踏み出そう」は実は会社員時代に読んでいましたが、さっぱり印象に残っていませんでした。自分でビジネスを始めてみて、ようやくあの本に書いてあることの重要性に気が付いたのです。

また、海外情報をくまなく調べていた私にとって、マイケルE.ガーバー氏の思想が、他の大勢のコンサルタントやアドバイザー達のノウハウの原点になっていることも気が付きました。

最初にマイケルE.ガーバー氏と出会った時の3日間は私にとって、まさに人生が変わったときでした。それまで3度の起業でうまく行かなかった原因が完全に理解できたのです。

ガーバー氏の教えを端的に言えば、

  • 他の誰かの夢を叶えるために事業を行うこと
  • 人生の目的を明確にし、それを実現させる事業を設計すること
  • 自分が介在しなくても一貫した成果が出せる仕組みを創り、事業をスケールさせること

です。

どれも当時の私には完全に欠けていた視点でした。

そして、2010年11月にマイケルE.ガーバー氏の講座に初めて参加をし、彼の思想を日本で広めるという仕事をするようになりました。その出会いがあってから、それまでにやっていた仕事は徐々に収束させていき、今に至ります。

どんな仕事でも他者の支援をすることが出来ます。しかし、私はガーバー氏から学んだことを経営者の方々に伝えていくことで、目の前で社長の人生や会社が劇的に変わっていくのを見てきました。それは感動的でもありますし、そのたびにずっとこの仕事をしていきたい、と思えるのです。

その感情をぜひあなたにも味わってほしいと思い、この仕組み経営コーチ体験トレーニングを開発しました。

仕組みで利益を上げる。
仕組みでクライアントの成果を出す。
仕組み経営コーチ体験トレーニング
パート①選ばれるための土台作り

一生活躍できるアドバイザー領域の決め方

社長専門コーチは、基本的に定年ありません。体の無理が利かなくなったとしても、頭が働けば一生できる仕事です。さらにいえば、年齢が高ければ高いほど、価値が出る仕事と言えます。それだけ経験と知識が増えるからです。しかし、そのように一生活躍していくためには、正しいアドバイザー領域を選ぶ必要があります。

器用貧乏にならないための目的と目標の決め方

自分にとって大切なことは何かを見極める。ビジネスはあくまで人生を豊かにするためのも乗り物に過ぎません。ビジネスのために人生が犠牲にならないよう、自分にとって何が大切なのかを見極めます。

唯一無二の存在になるアドバイザータイプの決め方

アドバイザーとして活躍している人は大きく2種類に分けられます。あなたがどちらを目指すのが良いか?そして、それぞれのタイプで唯一無二の存在になる方法。

成功の複製で成長するプロトタイプの考え方

マイケルE.ガーバー氏が提唱した”事業のプロトタイプ”の考え方をアドバイザービジネスに応用し、成長させていく方法をご紹介します。

得意なことに集中する時間の使い方

ほとんどの人はこまごまとしたことに1日の大半の時間を取られ、大切なことに時間を使えていません。それが自分の時給を下げてしまう原因です。そうならないために、あなた独自の非常の時給の高い仕事「ピカソワーク」に集中します。

卓越する学び方

社長専門コーチにとって、学びは商品の仕入れと同じく非常に重要な活動です。しかし、その活動をいい加減に、感覚だけで行っている人がほとんどです。そこで、ビジネスの成長と顧客への貢献の両方に活かせる学び方を身に付けます。

パート②売れるコンテンツ作り

売れるコンテンツの全体像

コンテンツは社長専門コーチの商品そのものです。従って、コンテンツ開発はアドバイザービジネスの中でも最も重要な仕事と言えます。顧客の心に火をつけるコンテンツの作り方、そしてコンテンツの質を継続的に改善していくための仕組みについてご紹介します。

「顧客の結果」の明確化

「顧客の結果」が明確でなければ、お金をいただくことはできません。顧客を最終的にどこに導き鵜のかからコンテンツを開発していく方法をご紹介します。

コンテンツの設計思想

優れたコンテンツは、テクニックやノウハウの前に、”思想”があります。”思想”があることで、コンテンツに一貫性が生まれ、顧客が成果を出しやすくなります。

コンテンツの型作り

コンテンツは、”型”としてまとめなければ、売れるようになりません。大半のアドバイザーが場当たり的に顧客に対応し、成果が出たり出なかったりを繰り返しているのは、”型”が無いからなのです。そこで”型”とは何か、”型”の事例、”型”の作り方について見ていきます。

コンテンツのメニュー作り

世の中のビジネスの大半にはメニューがありますが、アドバイザーの中には、そのメニューを持っていない人が非常に多いです。そのため、顧客があなたに依頼することを妨げてしまっています。また、あなたのサービスの値決めはどうしていますか?クライアントの懐具合を見て、、、というのは最悪ですし、実は生産性を下げる要因となります。そこで、値決めの仕組みに基づき、妥当な価格を設定するための方法についてご紹介します。

商品価値を高める名づけ

目に見えないものを売っているアドバイザーにとって、”名づけ”の能力は非常に重要となります。名前を変えただけで売れ始めた数知れません。ここでは、商品価値を正しく伝え、売れるようにしていくための名づけの原則をご紹介します。

コンテンツにエッジを持たせる方法

マイケルE.ガーバー氏によれば、成功する起業家とそうでない企業かの違いを生み出すのは、ビジネスの細部へのこだわり、だということです。細部が細かく設計されているビジネスはファンを生み出し、ブランドを作ることが出来ます。ここでは、4つの観点からあなたのビジネスの細部を設計していきます。

パート③仕組みで成長させる

サービス提供の仕組み化

時間をかけずに提供できるサービスや商品の設計。多くの人は、集客の自動化や仕組み化をしようとしています。しかし、これは間違いです。少なくともビジネスがそれほど大きくないうちは、どれだけ集客に時間を使えるかどうかが収益を上げられるかどうかを左右します。ですので、本来行うべきことは、集客の仕組み化や自動化ではなく、集客に十分な時間を使うための仕組みを創ることです。より具体的に言えば、サービスや商品提供の仕組みを創ります。これによって、自分は集客に十分な時間を使えるようになり、売上が2倍にも3倍にもなります。

集客の仕組みの全体像

専門家の方々は自分が集客するなんて、、、集客なんてできない、、、と考えがちです。自分の専門性さえあれば勝手にクライアントがやってくると思っているからです。これは私たちが「致命的な仮定」と呼んでいる間違いです。専門性があればビジネスをやっていけるというのはとんでもない間違いなのです。集客して目の前にお客様がやってこなければ、専門性を発揮する機会もないですからね。逆に言えば、ここにチャンスがあります。他の人が取り組んでいない“クライアントが集まる仕組み“を持つことで、その分野での第一人者になることが出来ます。

他者との違いの作り方

10年使える集客メッセージの創り方。集客が上手く行くかどうかの9割は、正しいメッセージを創れるかどうかで決まります。は私たちが多くの経験から導き出した、鉄板メッセージの創り方をご紹介していきます。

ストック型集客の仕組み

ストック型集客とは、時間がたてばたつほど、集客が簡単になる仕組みのことです。逆にフロー型集客をしている人は、毎日忙しく集客する生活から抜け出すことが出来ません。

自動的に売れるステップメールの組み立て方

ステップメールは、集客を自動化するために欠かせないツールです。私たちは半年以上にわたって自動的に配信されるステップメールを設定しています。その実際の例を基に、ステップメールを活用する方法をご紹介していきます。

効果実証済みセミナー、個別相談の流れ

セミナーや個別相談は、コンサル、コーチにとっての”営業活動”となります。いくら専門性が高い人であっても、それを顧客に上手く伝えることが出来なければ、売ることが出来ません。ここでは私たちの実際の事例を基に、効果が出るセミナーや個別相談の流れをご紹介します。

ビジネスをスケールさせる方法

ほぼ全てのコンサルやコーチビジネスは、年商1千万円ほどで限界が来ます。時間的制限によって、自分が対応できる顧客数に限界があるからです。ではそれ以上にビジネスをスケールさせ、稼働時間を増やさずに売上をさらに上げていくためにはどうすればいいでしょうか。ここではそのためのパターンをご紹介していきます。

【特典】
超解説「はじめの一歩を踏み出そう」(定価1万円)

「[超解説]はじめの一歩を踏み出そう」では、はじめの一歩の踏み出そうの内容をより深く解説しています。また、同時に、「自分がいなくてもうまく回る仕組み」を作るための具体的なステップもご紹介していますので、ぜひご活用ください。

ご提供内容:

  • はじめの一歩を踏み出そう要約PDF
  • 解説動画(計1時間58分8秒)
  • 解説PPT資料(計97ページ)
【実例】
起業と経営のバイブルを実践し、
世界中どこでもビジネスが出来る仕組みを構築

こんにちは、坂本路子です。

日本でビジネス活動をしている中で、ヨーロッパの情報やビジネスのやり方にとても興味を持ちました。そこでぜひヨーロッパ現地に足を運び生活をしながら生きた情報や方法に触れようと思って移住を決意しました。神殿も教育のこともあり、 ビジネスとプライベートの夢が同時に叶うことから起業移住を決意しました。

移住にあたって一番の課題は資金です。これについてはとてもラッキーだったことに「はじめの一歩を踏み出そう」の著者マイケルE.ガーバー氏の元でしっかりと学ぶ機会を与えられていました。 「世界中どこでもビジネスが出来る仕組み」についての学びが移住実現の1番の支えとなるものでした。これなしには移住は叶わなかったと思います。

具体的には仕事がオンラインでも機能するようにビジネスモデルを作り込みました。現地でこなしていた仕事は、オンラインコンサルティングとビジネスコーチです。その他に日本に帰国した際に出来る仕事、海外からオンラインで出来る仕事、私以外の人に任せれる仕事、とビジネスの柱を何本か持ち運営しています。

いま流行りの「オンライン化」は、ビジネス全体の一部に過ぎません。これからの時代はビジネスモデルも1つに限らず、何本も柱の様に持つことも大切だと感じています。

お申込みはこちらから

内容:仕組み経営コーチ体験トレーニング

対象者:コンサル、コーチ等、経営支援に従事されている方。仕組み経営コーチにご興味がある方。

※本講座は仕組み経営コーチにご興味がある方をメインの対象にしておりますが、そうでない方にも十分ご満足いただける内容になっています。

ご参加費:9万8,000円

お支払方法:クレジットカード払い

ご提供方法:オンライン動画

ご提供開始日:2022年11月21日(月)

お申し込み後の流れ:お申し込み後、ご提供日になりましたら、ご視聴ページをメールでお送りいたします。

講師ご紹介
写真左:マイケルE.ガーバー氏、中央:ガーバー氏の奥様ルーズデリア氏、右:清水(カリフォルニア州カールスバッドにて)

清水直樹

一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事、仕組み経営株式会社 取締役

大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。2010年、世界No.1(米INC誌による)の起業・経営の権威、マイケルE.ガーバーと出会い、同氏の講座「ドリーミングルーム」を日本で初開催し、10年以上にわたり学びを受け続ける。また、同氏の認定ファシリテーターを世界最多の20人以上輩出(現在、認定制度とドリーミングルームは終了)。現在は、日本企業をワールドクラスカンパニー®にするための支援活動に力を注いでいる。

マイケルE.ガーバー氏とは?

世界700万部以上のベストセラー「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」著者。経営の仕組み化等、新しい概念を提唱し、現在につながる、中小企業経営の新しいスタンダードを創った。また、Inc 500社(急成長企業500社を選出したランキング)のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得。 出版後、10年以上経った現在においても、「最も影響力のあるビジネス書25選(米タイム誌)」、「もっとも役に立ったビジネス書ベスト5(米ウォールストリートジャーナル)」に選ばれるなど、中小企業経営のバイブルとしてロングセラーとなっている。

一般財団法人日本アントレプレナー学会は、人々の起業家精神を呼び起こし、日本の企業をワールドクラスカンパニー®にするご支援をしています。

一般財団法人日本アントレプレナー学会
〒150-0012
東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F
TEL:03-6869-6985/FAX:03-6868-5694

特定商取引法による表記

プライバシーポリシー

仕組み経営事例インタビュー

元の画面に戻るには、ウィンドウ右上の×印をクリックしてください。