一人辞めれば数百万円の損を見逃していませんか?
新入社員を定着させる&
活躍させる仕組みづくり
オンライン講座

新入社員がすぐ辞めてしまう

新入社員にやる気がない

人によって成長にばらつきがある

こんな悩みから解放されるために、世界700万部、経営者評価No.1を獲得したバイブルをもとに「新入社員を定着させる仕組み」をご紹介します。

マイケルE.ガーバー著の「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」は、「起業家の視点(職人、マネージャー、起業家という3つの人格)」、「ビジネスのシステム化」、「フランチャイズプロトタイプ」、「ビジネス開発プロセス」などの新しい概念を提唱し、現在につながる、スモールビジネス経営の新しいスタンダードを創りました。

同書は、16カ国語に翻訳され、500万部以上のベストセラーとなっています。また、Inc 500社(急成長企業500社を選出したランキング)のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得しています。

出版後、10年以上経った現在においても、「最も影響力のあるビジネス書25選(米タイム誌)」、「もっとも役に立ったビジネス書ベスト5(米ウォールストリートジャーナル)」に選ばれるなど、スモールビジネス経営のバイブルとしてロングセラーとなっています。

一人辞めれば数百万円の損

多くの社長は、日々の業務上のコストや投資には敏感なものの、社員が辞めることによるコストには無頓着のことが多いようです。しかし、新入社員がすぐ辞めてしまう採用ミスマッチによるコストには、以下のようなものがあります。

これを見るだけでも、新入社員がすぐ辞めてしまうことによるコストは、一人当たり数百万円にも達すると考えていいでしょう。

そこで、本講座では、新入社員が辞めない仕組みを創り、離職によるコストを削減、さらに戦力化のスピードをアップさせる仕組みをご紹介していきます。

あなたの会社にある
「新入社員が辞める仕組み」とは?
「採用しては退職する」を繰り返している会社には、「新入社員がすぐ辞める仕組み」があります。もちろん、この仕組みは意図して作ったものではないわけですが、いつの間にか勝手に出来てしまったのです。社員が辞める仕組みには、以下のようなものがあります。
社員が辞める負のスパイラル
業務が増えてきて、とにかく人が足りない。そして、とにかく採用をする。しかし、既存の社員が忙しく、面倒見ることができない。もともと忙しくて人が足りないということで採用しているので、新人の面倒を見て育てる時間もなければ仕組みもない訳です。そうすると又すぐに辞めてしまう。 これが社員が辞める負のスパイラルです。どこかで、このスパイラルから抜け出さなくてはなりません。
配属先上司とソリが合わずに離職
多くの会社では、入社日に簡単なオリエンテーションを行い、その後は配属先の上司に面倒を見てもらうだけです。この仕組みが離職を生み出します。なぜならば、社員が離職する最大の理由の一つが、上司との人間関係悪化だからです。
新入社員のやる気の無さを責める
新入社員が辞める理由を、その人自身のせいにしていませんか?そう考えている限り、あなたの会社には何も成長がありません。辞める原因が自社にあると考えることで初めて改善出来ます。
期待と現実のギャップにがっかり
採用したいからと言って、採用時に過度な期待を抱かせていることも離職の原因になります。上司は3年かかっても、部下のことがわからないのに対し、部下は3日で上司のことを知る、と言われます。入社3日で「面接の時は良いこと言ってたけど、現実な違うな」と思われてしまうのです。
勘違い退職
会社の制度やルールを完全に理解しないまま、「この会社はダメだ」と勘違いして退職してしまう人もいます。これは非常にもったいないことです。入社後に会社のことをしっかり伝え、理解してもらう仕組みがないと勘違い退職が起こります。
新入社員を定着させる&
活躍させる仕組みづくり
講座の内容

本講座では、上記に述べたような「新入社員が辞める仕組み」を改善し、活躍してもらう仕組みづくりをしていきます。具体的な内容は以下の通りです。

社員が辞めない4大要因を解説
新入社員が辞めるのは、これら4つの要因のうち、どれが欠けているからです。それらの要因を新入社員入社後の流れの中に組み込むことで、離職を防ぎます。
入社後1年の流れを可視化
新入社員が辞めたいと思う理由やタイミングには、一定のパターンがあります。それぞれのタイミングで適切なフォローアップを行うことで、離職を回避することが出来ます。
  • 内定~入社前でやるべきこと
  • 入社日にやるべきこと
  • 1週間目にやるべきこと
  • 1~3か月目にやるべきこと
  • 4か月目以降にやるべきこと
をご紹介していきます。
受け入れに必要なもの一覧をご紹介(テンプレ有)
新入社員が辞めないためには、何より準備が大切です。繁忙期に採用しても、誰が対応しても同じように受け入れが出来るための準備事項一覧をご紹介します。
講師

清水直樹
一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事
仕組み経営株式会社 取締役
大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後、海外不動産の紹介会社を起業した後、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。海外の経営ノウハウをリサーチし続け、世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会い、日本におけるマスター・ライセンシーとなる。現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。

オンライン講座概要

テーマ:新入社員を定着させる&活躍させる仕組みづくり

視聴方法:専用サイトでの視聴

ご提供内容:動画+ワークシート

価格:49,800円(仕組み経営実践会員は無料。会員サイトにアップします)

お支払方法:クレジットカード、Paypal

対象者:業種不問、業歴不問、経営者またはそれに準ずる方

お届けについて:以下のボタンよりお申込み後、30分以内にメールにてご視聴ページをお届けいたします。

一般財団法人日本アントレプレナー学会は、2010年よりマイケルE.ガーバー氏の日本における独占ライセンシーとしてスタートし、現在は世界中から中小・スモールビジネスの経営に役立つコンテンツを集めて日本の経営者の方々にご提供しております。

一般財団法人日本アントレプレナー学会
〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F

TEL:03-6869-6985 / FAX:03-6868-5694
https://entre-s.com
特定商取引法による表記

Copyright  The Japan Foundation of Entrepreneurship.

仕組み経営事例インタビュー

元の画面に戻るには、ウィンドウ右上の×印をクリックしてください。