世界700万部の経営の教科書
「はじめの一歩を踏み出そう」を
超解説
なぜ7万円で起業し、
年商400億円に到達出来たのか?
オンライン講座「自分がいなくてもうまく回る仕組み」
学費を払うために始めた副業

あるカナダ人の貧乏学生は、学費を稼ぐための副業を探していました。ある日、マクドナルドの列に並んでいた彼は、ゴミ撤去会社の看板を掲げた古ぼけたトラックを見つけました。

1週間後、彼は全財産に近い7万円で中古トラックを買い、ごみ収集の仕事を始めました。

開業一年目で授業料を稼げるようになり、2年後には売上は1億円にもなっていました。

しかしその後、11人いた社員が彼に反旗を覆し、9人が辞めてしまうという事態に陥ります。

ビーチでの読書が全てを変えた

そんなとき、同じ起業家仲間が、一冊の本を紹介してくれました。

それが「はじめの一歩を踏み出そう」です。

彼は本を購入すると、ビーチに行き、読み始めます。

通常、彼のような行動派の起業家は、本を最初から終わりまで読むことは滅多に無いのですが、この本だけは2回も続けて読みました。

翌日、彼は会社のミーティングで、本を机の上に置きます。

”これは今まで読んだビジネス書の中で、間違いなくベストだ。”

彼は「はじめの一歩を踏み出そう」に書いてあることを実践し始めます。

会社を仕組み化し、年商400億円へ

その後、彼は、ビーチで本を読んでいたときほど、自分の人生を変えた時間は無かった、と語っています。

「はじめの一歩を踏み出そう」に書かれている仕組み化の考え方は、彼のビジネスにとてつも無いインパクトを与えました。

彼は人が辞めてしまった経験から、人に依存した経営を止めました。そして、会社のすべての仕事を複製可能な仕組みにし、彼じゃなくてもごみ収集のビジネスを運営できるようにしていきました。

その結果、彼のビジネスのトラック数と拠点数は飛躍的に増え続け、北米最大のゴミ収集会社になりました。

彼、ブランアン・スカッドモアは7万円で始めた副業を年商400億円超の会社、O2E Brandsへと成長させたのです。

※ストーリーはブランアン氏のインタビューをもとに作成。金額は1ドル108円で計算。

成功のカギは「自分がいなくてもうまく回る仕組み」

あなたは自分のビジネスから離れて、1ヵ月後に戻ってきたら、会社はそれまでと同じように利益を上げていますか?

もしできなければ、あなたはビジネスを所有しているというよりも、あなた自身がビジネスになっています。多くの人は、それは当たり前だろうと思っていますが、本来は異なるのです。

本来、ビジネスは、あなたを鎖でつなぐようなものではなく、あなたの夢のために役立ち、大きな自由を与えるべきものなのです。ビジネスは、適切に設計されていれば、あなたがオフィスにいようといまいと、店舗にいようといまいと、現場にいようといまいと、休暇中であろうとなかろうと、効率的に機能するはずです。

ビジネスは、あなたの存在や個性、スキルや汗に依存するものではありません。あなたがビジネスを動かすべきであり、ビジネスがあなたや家族や人生を動かすべきではないのです。ビジネスの成功は、オーナーに依存するのではなく、仕組みに依存すべきです。

先ほど例に出したブライアン・スカッドモア氏は、自分自身でトラックを運転し、ごみを収集して回るのではなく、ほかの人でも同じように仕事が出来る仕組みを作ったのです。その仕組みを作り上げることで、ビジネスは”徐々に”ではなく、”急速に”拡大していったのです。

「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」を抑えて経営者評価No.1。
「はじめの一歩を踏み出そう」とは?

マイケルE.ガーバー著の「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」は、「起業家の視点(職人、マネージャー、起業家という3つの人格)」、「ビジネスの仕組み化」、「フランチャイズプロトタイプ」、「ビジネス開発プロセス」などの新しい概念を提唱し、現在につながる、スモールビジネス経営の新しいスタンダードを創りました。 同書は、16カ国語に翻訳され、700万部以上のベストセラーとなっています。また、Inc 500社(急成長企業500社を選出したランキング)のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得しています。 出版後、10年以上経った現在においても、「最も影響力のあるビジネス書25選(米タイム誌)」、「もっとも役に立ったビジネス書ベスト5(米ウォールストリートジャーナル)」に選ばれるなど、スモールビジネス経営のバイブルとしてロングセラーとなっています。

こんな社長におススメ
  • 手に職を付けて独立したが、毎日雑務が多くて忙しい。
  • 現場の仕事を委任できず、自分が走り回っている。
  • 自分が最優秀社員であり、自分が抜けると会社が回らない。
  • 将来、事業承継や会社売却をしたいので、会社を整えたい。
  • 経営者としてどのような仕事をすればいいのか悩んでいる。
  • 人を雇ってもすぐ辞めてしまい、思った通りに成長できない。
読者の声
10/10
「起業して9年。もっと早くこの本と出会いたかった。。。」
「職人型経営では、未来がない。経営者の人生と事業を切り離し考える。とにかく素晴らしい」
「自分にとって久々のヒット本である!」
「経営者として知っておかなければいけない基本的な考え方が凝縮されてます」
「思い当たることばかりです」
「起業を志すならば必読!」
「まさにスモールビジネス経営の教科書」
「星10個!具体的にこれをやろうと思える本です」
世界的ベストセラー著者から学んだことを余すことなくお伝えします。

こんにちは、一般財団法人日本アントレプレナー学会の清水です。このたびは、「はじめの一歩を踏み出そう」の要約にお申込みありがとうございます。早速内容をご覧いただく前に、特別なご案内をさせていただきます。

私たちは、「はじめの一歩を踏み出そう」著者のマイケルE.ガーバー氏との出会いからスタートした団体になります。

2013年に活動をスタートしていこう、世界的ベストセラーであり、中小・成長企業の教科書ともいわれている「はじめの一歩を踏み出そう」の内容を、より具体的にご説明し、そして実践していくための考え方や方法論をご提供してきました。

私自身は幸いにも、日本人の中で最も多く、マイケルE.ガーバー氏から直接学ぶ機会を得ることができました。

また、彼から直接学ぶ以外にも、彼の書いた未翻訳の著書をすべて読み解き、また彼が残している動画や音声もほぼすべて学んできました。

その幸運に恵まれたことをお返しする意味でも、いまはマイケルE.ガーバー氏から学んだことをより多くの経営者の方にお伝えしていきたいと考えています。

「[超解説]はじめの一歩を踏み出そう」では、はじめの一歩の踏み出そうの内容をより深く解説しています。また、同時に、「自分がいなくてもうまく回る仕組み」を作るための具体的なステップもご紹介していますので、ぜひご活用ください。

解説者:清水直樹
一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事 仕組み経営株式会社 取締役 大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。海外の経営ノウハウをリサーチし続け、世界No.1(米INC誌による)の起業・経営の権威、マイケルE.ガーバーと出会い、10年以上にわたり学びを受け続ける。現在は、日本企業をワールドクラスカンパニー®にするための支援活動に力を注いでいる。
オンライン講座
「自分がいなくてもうまく回る仕組み」の内容
1.会社の成長が止まる根本原因と対応策
  • 「企業は人なり」のワナ。大半の日本企業は、人こそが会社の最大の資産であると勘違いしているために、社内の人間関係やコミュニケーション、離職対策や採用活動等に追われ、苦労が絶えません。
  • 典型的な経営の失敗症状5つを解説。大半の中小・成長企業は、5つのどれかに当てはまっています。これらの症状から抜け出し、成長を続けるには、経営に対するアプローチを180度変える必要があります。
2.「はじめの一歩を踏み出そう」を超解説
  • 仕組みづくりに欠かせない、経営者の意図とは?この意図がない会社には、良い人材は集まらない。
  • 超一流の社長だけがビジネスに持ち込む3つの心がけ。
  • マイケルE.ガーバー氏が40年間の経験で導き出した、ビジネスを変革させる最初のポイント。
  • ほとんどの社長は、事業を”受身的選択”を行う。これがそもそも苦労の原因である理由と対応策。
  • 現場で働かなければならないなら、それは事業を経営しているとは言えない。
  • 「社員を管理する」という発想がそもそも間違っている理由と、社長、マネージャーが本来管理すべきもの。
  • No.2が欲しい、No.2を作りたい、という欲求が危険な理由。
  • マクドナルドに始まり、あらゆる成功企業の土台となっているターンキー革命とは?
  • 商品やサービスより大切なもの。これには経営の神様、松下幸之助氏も同意します。
  • 「自分の会社=自分」と考えているから、会社が小さいままで終わる。会社を一段上のステージに成長させていくための思考の変革。
  • 社員を成長させる、社員を育成する前にやるべき、仕事の〇〇化とは?
  • ビジネスの目標や理念を掲げる前に行うべきこと。
  • ほとんどの中小・成長企業の組織図に欠けている、とあるポジションとは?
  • 社員がルールに従ってくれない理由と、その対策方法。
3.自分がいなくてもうまく回る仕組みを作るステップ
  • マイケルE.ガーバー氏から直接学んだ社長が実行し、1年後にはほぼ出社無しで経営できるようになった習慣とは?
  • 会社成長の6段階に応じて、必要な仕組みを解説。
  • 「稼ぐ仕組み×回す仕組み」で自分がいなくてもうまく回る会社を作る。
お申込みはこちらから

商品名:自分がいなくてもうまく回る仕組み

ご提供内容:

  • はじめの一歩を踏み出そう要約PDF
  • 解説動画(計1時間58分8秒)
  • 解説PPT資料(計97ページ)

ご提供方法:専門ページでの動画視聴、説明資料PDFダウンロード。お申込み後にメールにて専門ページをお届けします。もし30分経ってもメールが届かない場合、お手数ですが、お問い合わせください。

お支払方法:クレジットカード

価格:1万円

期間限定で70%offになります。
一般財団法人日本アントレプレナー学会は、起業家、経営者の起業家精神を呼び起こし、日本の企業をワールドクラスカンパニー®にするご支援をしています。

一般財団法人日本アントレプレナー学会
〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F
TEL:03-6869-6985 / FAX:03-6868-5694 https://entre-s.com 特定商取引法による表記 Copyright  The Japan Foundation of Entrepreneurshiあ

世界700万部の経営の教科書【要約】プレゼント

手に職を付けた社長が犯す 致命的な間違いとは?成功のカギは「自分がいなくてもうまく回る仕組み」
仕組み経営事例インタビュー

元の画面に戻るには、ウィンドウ右上の×印をクリックしてください。