顧問先への付加価値提供、紹介を増やしたい士業の方へ
起業&経営のバイブルを基に
非財務/税務分野の
経営支援をしませんか?
仕組み経営パートナープログラム
起業&経営のバイブルを基にした非財務/税務分野の経営支援
顧問先への経営勉強会提供で
紹介が増える仕組みとは?
仕組み経営パートナープログラム
仕組み経営パートナーのメリット

1.実証されている経営支援メソッドを手に入れ顧問先に貢献

仕組み経営パートナーになっていただくと、私たちがこれまでに実践し、成果を上げてきた仕組み経営のメソッドを御社の顧問先に提供していただくことが出来ます。それにより、顧問先企業の成長や永続性に貢献することが出来ます。

2.コミュニティ主宰者となり顧問先の維持や紹介を促進

仕組み経営のメソッドを勉強会形式で顧問先に提供していただくことで、顧問先同士のコミュニティが掲載されます。それにより、顧問契約の維持が可能になったり、紹介が増えやすくなります。

3.自社の経営力を強化

仕組み経営のメソッドを学んでいただき、自社にも適用していただくことで、御社の経営や組織を改善出来ます。

世界的ベストセラー「はじめの一歩を踏み出そう」を基にした経営支援

はじめまして。一般財団日本アントレプレナー学会の清水と申します。私どもは2011 年より、世界No.1(米INC誌による)のスモールビジネ スアドバイザー、マイケルE.ガーバー氏の日本における独占ライセンシーとして活動してまいりました。

マイケルE.ガーバー氏は、1977年、世界中の経営者の人生を変革するという夢のもと、世界初のビジネスコーチング会社をスタートさせまし た。以降、40年間にわたって世界7万社の起業家やビジネスオーナーを 支援してきました。

彼の書籍「E-Myth Revisited(はじめの一歩を踏み出そう)」は世界的ベストセラーとなり、いまなお、中小・スモールビジネス経営の教科書 として活用されています。同書の中では「ビジネスのシステム化(仕組み化)」というコンセプトが初めて提唱され、以降の企業経営の在り方 に変革を起こしました。

今回、より多くの中小・スモールビジネス経営者の方々をご支援するため、仕組み経営のメソッドを中小・スモールビジネスの顧問先を抱える士業の方にご提供していくことにいたしました。

詳細は以下に記載しますので、ぜひご覧ください。

なぜ仕組み経営が経営者から支持されるのか?

いま日本には数限りない経営ノウハウがあります。

集客、マネジメント、ブランディング、人の採用、等々。

素晴らしいノウハウがたくさんある一方で、いずれも断片的であり、それだけ学び実践しても経 営者が理想とする会社を創るには不十分である、というのも事実です。

そこで私たちは、スモールビジネス・中小企業の仕組み化を支援し、ビジネスにかかわる人たちの人生を豊かにするという、ひとつの思想を基にした体系的な経営理論を追求し続けました。

なぜ「仕組み化」にこだわるのか?

それは会社で発生する大半の問題は仕組み化が正しく行われていないために起こるからです。

●社長が1人相撲しているようで、自主性をもった社員が育たない。

●社員が定着しない。よい会社にする努力はしているが、社員のことを気にかける暇もないた め、採用してもすぐやめてしまう。

●思うように売上が上がらない。売上のほとんどは社長があげている。社員は自分の給与も稼げ ない。

●社長が休みを取れない。いつも会社の細々としたことが気になっていて、休んだ気にならな い。

これら課題は、すべて仕組み化がなされていないために起こります。

逆に、会社の仕組み化を正しく理解し、取り組んでいけば、次のようか成果が得られます。

第一に、経営者であるあなたは時間にゆとりが生まれ、自分の人生を自由に選べるようになりま
す。

第二に、ビジネスが拡張可能になり、あなたの会社の持つ価値をより多くの顧客に提供することができます。

第三に、社員がより高度な仕事にチャレンジする機会が生まれ、彼らに成長と働き甲斐を提供することができます。

つまり、経営者の仕事とは、会社の仕組みつくりに他ならないのです。

ですから、売り上げをアップさせるとか、地域ナンバーワンになるとか、そういったことでは なく、会社の仕組み作りを行うための理論を目指しました。

既に多くの中小・スモールビジネス経営者の方に実績を出していただいている内容です。

なぜ勉強会形式なのか?
かつての私塾を再現

仕組み経営パートナーになっていただくと、勉強会の主宰者として、仕組み経営のコンテンツを顧問先にご提供していただけます。

なぜ講義やセミナーではなく勉強会なのか?

一つ目の理由は、講師や先生が一方的に教える講座やセミナーでは、参加者への価値提供の質にばらつきが生まれやすいから、という現実的な理由です。

もう一つの理由は、いまのような未来が不確実な時代には、”答えを持っている先生や講師”がいっぽい的に答えを教える、というスタイルが合わないからです。たとえば、広告の出し方やSEOなど、技術的な問題であれば答えがあるかも知れません。しかし、こと戦略や方針、経営をどうしていくか?ということについては答えを持っている人はいないのです。

そのため、今回は勉強会形式で皆で学びあう、という方法を取っています。これは私たちが既に10年近く実践してきている方法で、非常に大きな成果が得られます。

考えてみれば、かつての松下村塾に代表される私塾では、ここで言っている勉強会形式でリーダーを育成していました。答えを持っている師と生徒、という関係ではなく、皆で不確実な未来に向けて何をすべきかを学びあうスタイルをとるこで、自立的な人材を生み出してきたのです。

仕組み経営の成功事例

株式会社エグゼサポート勝亦徹様

わずか一年で自分がいなくても 成長する仕組みを構築

勝亦さんは5年前に起業、中小スモールビジネス経営者向け にサービスを提供されています。仕組み経営に取り組み始 めてから、わずか一年で働く時間を少なくとも”三分の 一”にしながらも、という素晴らしい実績を出されました。

その他、成功事例の一部

・1年で職人型ビジネスから脱却 – 美容室「STORIA」オーナー小濱格様
・年に36時間働くだけで年商5倍に – 株式会社CODE7 代表取締役 桑原 匠司様
・ 仕組み化で社員の離職率低下に成功 – エイチアールプラス社会保険労務士法人代 表社員 佐藤 広一様
・100人以上のスタッフを抱えながらもほぼ出社無しで経営 – 有限会社ファイブアロ ーズ 岩下由加里様
・3件の事業売却に成功 – 新部勝美様
等々

詳細はこちらから

詳細を確認されたい方は、お手数ですが以下から資料請求をお願いいたします。

※本プログラムは法人顧問先を持つ士業事務所の方に限定させていただいております。

一般財団法人日本アントレプレナー学会は、2010年よりマイケルE.ガーバー氏の日本における独占ライセンシーとしてスタートし、現在は世界中から中小・スモールビジネスの経営に役立つコンテンツを集めて日本の経営者の方々にご提供しております。

一般財団法人日本アントレプレナー学会
〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F

TEL:03-6869-6985 / FAX:03-6868-5694
https://entre-s.com
特定商取引法による表記

Copyright  The Japan Foundation of Entrepreneurship.

資料請求ありがとうございます。

受信ボックスをご確認ください。一般財団法人日本アントレプレナー学会からメールをお届けしています。第三者によるイタズラ登録を防ぐためダブルオプトイン(二重確認)を採用しております。お送りしたメール内の登録完了ボタンをクリックお願いいたします。

資料請求ありがとうございます。受信ボックスをご確認ください。一般財団法人日本アントレプレナー学会からメールをお届けしています。第三者によるイタズラ登録を防ぐためダブルオプトイン(二重確認)を採用しております。お送りしたメール内の登録完了ボタンをクリックお願いいたします。

仕組み経営事例インタビュー

元の画面に戻るには、ウィンドウ右上の×印をクリックしてください。