顧客満足度を上げながら
安定収益を生み出す仕組みとは?
「利益モデルの創り方」
オンライン講座

生産性が低く、収益率が悪い

他社との違いが明確になっていない

社長が稼ぎ頭から抜け出せない

こんな悩みから解放されるために、世界700万部、経営者評価No.1を獲得したバイブルをもとに「利益モデルの創り方」をご紹介します。

マイケルE.ガーバー著の「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」は、「起業家の視点(職人、マネージャー、起業家という3つの人格)」、「ビジネスのシステム化」、「フランチャイズプロトタイプ」、「ビジネス開発プロセス」などの新しい概念を提唱し、現在につながる、中小企業経営の新しいスタンダードを創りました。

同書は、16カ国語に翻訳され、500万部以上のベストセラーとなっています。また、Inc 500社(急成長企業500社を選出したランキング)のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得しています。

出版後、10年以上経った現在においても、「最も影響力のあるビジネス書25選(米タイム誌)」、「もっとも役に立ったビジネス書ベスト5(米ウォールストリートジャーナル)」に選ばれるなど、経営のバイブルとしてロングセラーとなっています。

利益モデルの変革が必要な兆候

あなたの会社にも当てはまっていませんか?

☑商品やサービスを売るのに高いスキルが必要である
セールスやマーケティングを学んでいる経営者も多いと 思いますが、それよりも、利益モデルを再設計したほうがはるかにインパクトがあります。
☑社員一人当たりの収益が低い(生産性が低い)
生産性が低いと、ビジネスの拡張が期待できません。また仮に、生産性が低いまま組織が 大きくなった場合、生産性が高い場合と比べて、余計なトラブルや悩み事が起きがちで す。だから、最初から生産性が高いモデルを設計することが大事になります。
☑事業がコモディティ化している(他社と似たり寄ったり)
事業のコモディティ化は、価格競争を招き、会社を縮小せざ るを得ない大きな要因となります。そうなる前に、利益モデルのバージョンアップが 必要です。
☑売上に波がある
売上に波があるということは、利益を生み出す仕組みに問題があることを示しています。 また、売上に波があると、人を雇う、店舗を出す、などの投資に消極的になります。
☑市場全体が縮小、または停滞傾向にある
事業の成長可能性は、対象としている市場に大きく左右されます。収益モデルをしば らく変えていない場合、既に成長が見込めない市場で勝負している可能性があります。
☑技術の進歩に付いていっていない
既存のビジネスモデルが機能しなくなる大きな要因は、技術の進歩です。そして現在、あらゆる業界において、そのような技術の革新的な進歩が見られます。成長するビジネスは、どこかのタイミングで、技術に大きな投資をしています。
☑事業全体が何かに依存している
大手の下請けや少数の大口顧客からの案件に依存している場合、成長に限りがあります し、相手次第でいつ売り上げが激減するかわかりません。
☑今の倍の顧客に対応できるキャパシティがない
“行列ができる店”というのは聞こえは良いですが、大半の場合、属人的なビジネスであるがために、キャパシティ不足になっているだけです。本来、そのサービスを受けるべき顧客に価値を提供できていないのです。
御社の利益モデル
バージョンアップしていますか?

事業を継続させていくにあたり、とても大事な事実があります。

それは商品や会社にライフサイクルがあるように、利益モデルにもライフサイクルがある ということです。

どのような会社であっても、社会が大きく変化して、存在意義を失い、顧客の要望にこたえら れなくなるときは来ます。

経営者はそれを予め予想して、「5年後の売上」を創らなくてはいけません。

競合の増加、経済の変化、技術の進化、購買習慣の変化、政府/規制、市場の成熟といったよう な要因で、あらゆる利益モデルはいずれ機能しなくなります。

そこで、利益モデルのバージョンアップという考え方が必要になります。

ソフトウェアが年々バージョンアップしていくのと同じように、あなたの会社の利益モデ ルもしていくのです。

利益モデルのつくり方
講座の内容
講座のスライドサンプル

本講座では、いまの利益モデルを改善し、5年後の売り上げを立てていきます。具体的な内容は以下の通りです。

「社長が稼ぎ頭」から抜け出せない理由
「社長が稼ぎ頭」から 抜け出せない理由には大きく4つあります。その理由と対応策について解説します。
優れた利益モデルのためのチェックリスト

現在の利益モデルを検証するためのチェックリストをご紹介します。

顧客単価を上げる、優れた利益モデルの例

優れた利益モデルを持っている会社では、顧客と「深く」「長い」付き合いをする仕組みがあります。そんな事例をご紹介します。

利益モデルを見直す視点
6つの手順に分けて、利益モデルを見直す視点をご紹介していきます。
講師

清水直樹
一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事
仕組み経営株式会社 取締役
大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後、海外不動産の紹介会社を起業した後、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。海外の経営ノウハウをリサーチし続け、世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会い、日本におけるマスター・ライセンシーとなる。現在は、日本の中小企業がワールドクラスカンパニーになるための支援活動に力を注いでいる。

オンライン講座概要

テーマ:利益モデルの創り方

視聴方法:専用サイトでの視聴

ご提供内容:動画+ワークシート

お支払方法:クレジットカード、Paypal

対象者:業種不問、業歴不問、経営者またはそれに準ずる方

お届けについて:2022年4月27日(水)中にメールにて会員サイトをご案内します。

価格:29,800円(仕組み経営実践会員は無料。会員サイトにアップします)

期間限定早割中

一般財団法人日本アントレプレナー学会は、2010年よりマイケルE.ガーバー氏の日本における独占ライセンシーとしてスタートし、現在は世界中から中小・スモールビジネスの経営に役立つコンテンツを集めて日本の経営者の方々にご提供しております。

一般財団法人日本アントレプレナー学会
〒150-0012  東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F

TEL:03-6869-6985 / FAX:03-6868-5694
https://entre-s.com
特定商取引法による表記

Copyright  The Japan Foundation of Entrepreneurship.

仕組み経営事例インタビュー

元の画面に戻るには、ウィンドウ右上の×印をクリックしてください。