脱・社長依存の経営
仕組みで勝手に成長する会社へ
「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」を抑え、成長企業の社長評価No.1過去40年間、世界7万社で実証済みの「経営の仕組み」で御社を持続成長させます。

仕組み化診断会開催中

85項目の診断シート

診断シートはご参加者にプレゼントしますので、定期的に自社の健康診断としてご活用ください。

自走する仕組み100選集

自走する組織に必要な仕組みを100個まとめた資料をご提供します。

※期間限定無料
脱・社長依存の経営
仕組みで永続する会社の創り方
「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」を抑え、成長企業の社長評価No.1過去40年間、世界7万社で実証済みの「経営の仕組み」で御社を持続成長させます。

仕組み化診断会開催中

85項目の診断シート

診断シートはご参加者にプレゼントしますので、定期的に自社の健康診断としてご活用ください。

自走する仕組み100選集

自走する組織に必要な仕組みを100個まとめた資料をご提供します。

※期間限定無料
こんな問題、御社にも起こっていませんか?
大半の会社では社長に業務が集中しており、”社長がボトルネック”となって成長が止まっています。
1.未来への仕事が疎かになり、いつの間にか事業停滞

多くの社長が日々忙しく働いていますが、その働きが会社の成長やご自身の人生の幸せにつながっているかというと、そうではないケースがあります。なぜならば、働いている時間が「職人の人格:現場の実務を行う仕事」「マネージャーの人格:部下の仕事を管理する仕事」で埋め尽くされているからです。これらの仕事は必要かも知れませんが、本来の社長の仕事とは言えません。

成長を続ける会社では、職人の仕事、マネージャーの仕事の多くを委任し、社長は「起業家の人格:ビジョンを描き、追及する仕事」に使っています。

2.社長がボトルネックになり、経営スピードダウン

社長依存の会社では、業務に関するあらゆる 意思決定が社長に集中しています。そのため、”社長が決めなければ何も進まない”という状況になり、経営スピードが深刻に遅くなります。

3.経営承継の難易度アップ

社長依存の会社では、多くの暗黙知が、「社長の頭の中」にあります。そのため、経営を承継する際、その暗黙知が後継社長に移管されず、承継後に業績や組織に大きな悪影響を及ぼします。

4.社長の時間と体力の限界が事業の限界に

多くの社長は社長業をしながら、現場の実務も兼任しています。それゆえ、顧客が増え、売上が上がるのと比例して、経営の仕事に集中できないという“成長のジレンマ”が生まれます。

5.社長の病気・ケガによって事業継続が困難に

社長も人間なので、いつ病気やケガに遭遇し、経営の戦線を離脱することになるかわかりません。

そうなったときに事業運営に支障をきたしてしまっては、残された社員の行き場が無くなります。

6.社員が指示待ちになり、自立人材が育たない

社長依存の会社では、「決めるのは社長、社員はそれに従う」という文化が出来ており、社員が自分で物事を決めることが出来ません。そのため、いつまでも自立社員が育たず、管理職、幹部育成が困難です。これは現代のようにスピードが求められる環境では致命的です。

7.顧客満足、社員満足の低下

社長が現場の実務に走り回っていては、顧客を満足させる次の商品開発、事業開発に時間を投資することが出来ません。また、社員のフォローも不完全になり、社員の離職増加につながります。

<解決策>
会社を仕組みで成長させる
社長依存のリスクを回避する方法は、会社を仕組み依存に変えていくことです。
成長企業は「仕組み至上主義」

業績急成長中でメディアでも注目を集めるアイリスオーヤマ。同社の経営理念には次のような言葉があります。

「会社の目的は永遠に存続すること。いかなる時代環境に於いても利益の出せる仕組みを確立すること」

この理念について大山会長は、「仕組み至上主義」とおっしゃっています。

仕組みを重視する経営をすることで、大山会長が社長を引退してからさらに成長したのです。

また、一時38億円の赤字を出した無印良品は、属人経営から仕組みに基づく経営に変革することで、V字回復を実現させました。

このような大企業でなくても、組織人数がある程度増えてくると、社長依存から仕組み依存への変革が求められます。

人は去る。仕組みは残る。

大半の会社は、「人依存」で運営されています。

一方、世代を超えて繁栄する会社は「仕組み依存」で運営されています。仕組み依存の会社では、「社員も自分(社長)」もいずれ去るときがくる、という前提に立って運営されています。

実際のところ、人は自分も含め、いつか去ります。一方、会社の仕組みは自社の独占的資産として、ずっと残り続けます。

社長が出来る最高の仕事とは、自分や人に依存せずに成果が出る”仕組み”を会社に残すことです。

時を告げるのではなく、時計を創る。

名著「ビジョナリーカンパニー」によれば、一般的な会社は、ヒット商品、売れる商品創りをすることが大切だと考えています。

一方の永続するビジョナリーカンパニーでは、素晴らしい製品やサービスを次々に生み出せるような仕組みを作ることに力を注いでいます。これは似てるようですが、完全に異なる考え方です。

御社は伊勢神宮型?ギリシャ神殿型?

カリスマ社長の属人的なリーダーシップで会社を引っ張るのでは、良くても一代限りで終わってしまいます。そうではなく、会社を永続的に成長させる仕組みを整えることこそが、社長の仕事です。

伊勢神宮は式年遷宮という“仕組み“によって宮大工の技術を伝承し、いまでも美しく保たれています。永続性を高める仕組みを持っていなかったギリシャ神殿とは対照的です。

まず伊勢神宮を未来永劫残していきたい、という人々の想い(会社でいう理念)があり、それを実現するための”仕組み”として式年遷宮があります。会社も伊勢神宮と同じで、「仕組み」があることで、何百年も永続することが出来ます。

<得られる成果>
仕事をラクにしながら業績アップ
社長依存から脱却し、仕組み至上主義に変えることで、社長の選択肢が大幅に増えていきます。

仕組み経営では、社長の理念を基に、各業務の仕組み化を実現していきます。以下は、これまでにお客様企業に導入した仕組みの例と成果のごく一部になります。

社長依存から脱却し、仕組みで成長した事例

わずか一年で働く時間を1/3に

株式会社エグゼサポート勝亦徹様

5年前に起業、中小スモールビジネス経営者向けにサービスを提供されて、社員一人当たり1億円を実現されてます。仕組み化に取り組み始めてからはわずか1年で働く時間を1/3以下にしました。

年に36時間働くだけで年商5倍に

株式会社CODE7 桑原 匠司様

桑原さんは、私たちが活動をスタートさせた初期段階から仕組み化に取り組まれました。いまでは年に36時間働くだけで年商が当時の5倍に成長した、という素晴らしい実績の持ち主です。現在は空いた時間を使い、新規スタートアップに取り組まれています。

100人以上の組織をほぼ出社無しで運営

有限会社ファイブアローズ 岩下由加里様

岩下さんは創業前からマニュアル化のバイブルである「はじめの一歩を踏み出そう」(マイケル・E・ガーバー著)を参考にして、会社を作られてきました。今では100人以上のスタッフを抱えながらも、マニュアル化/仕組み化したおかげで新規事業にも取り組む余裕を創出されています。

3件の事業売却に成功

新部勝美様

新部さんは、仕組み化の発想を身に付けたことで、3件の会社売却を実現されました。現在は、その経験を活かし、M&Aのコンサルティングなどでご活躍されています。

ベテラン社長からも支持される理由
経営の仕組みと経営人材の育成を両立できます。
特徴① 過去40年間、世界7万社で実績を出したメソッド

仕組み経営のメソッドは、私たちの個人的な経験で作り上げたものではありません。40年以上ににわたり、多くの経営者があなたより前に悩み、失敗し、成功してきたことの集合体です。”愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ”といいます。すでに世界中で実績のある手法をご活用いただくことで、最短距離であなたの望む会社作りと人生を実現できます。

定期的に視察ツアーをしている企業の一部
特徴② 個別支援で実践までサポート
進捗管理シート

専門のコーチが御社の仕組み化を個別支援します。仕組み経営のカリキュラムを御社用の状況に合わせてカスタマイズしながらご提供していきます。進捗管理シートを共有しながら、確実に仕組み化をしていきます。

特徴③ 社長の想いをもとに一貫した仕組みづくり

多くのコンサルティングプログラムは、彼らの”型”を御社に当てはめるものです。

しかし彼らの”型”が社長の想いや理念に沿っているかはわかりません。様々な”型”を御社に当てはめると、それだけ会社の仕組みは歪みます。

一方の仕組み経営では、経営者の想いをベースにして、会社に一貫した仕組みを整えていきます。

より具体的に言えば、会社のビジョンとコアバリュー(核となる価値観)をもとにした仕組みづくりを行います。これにより、業績向上と会社文化の改善の両方を実現していきます。

特徴④ 経営人材の育成

リーダークラスの方も一緒に取り組んでもらうことで、非常に実践的な教育効果が期待できます。会社の理念を実現する仕組みとは何か?を経営者と一緒に考えることで、自然と経営人材(後継者候補や社長の右腕)が育っていきます。

特徴⑤ 豊富なテンプレートや事例

様々な仕組みのテンプレートや事例をご用意しています。これらを参考にしていただくことで、御社独自の仕組みが最速で構築できます。もちろん、コーチがその実行をご支援します。

特徴⑥ニーズに合わせた多様な成果物

仕組み経営では、経営者の理想の会社作りに向けて、会社の仕組み化を行います。以下は成果物の一部です。

  • 経営者の人生戦略(目的、計画、価値観)
  • 会社のコアバリュー(中核的価値観)の明文化
  • 会社のビジョンの明文化
  • 会社のビジョンを実現する未来の組織図
  • 各役職の責任と役割の明文化
  • 人事の仕組み(等級や評価項目、給与との連動など)
  • ビジョン達成に必要な仕組みのリスト
  • 経営のバトンタッチを実現する会社のトリセツ(運用マニュアル)
  • 自社の文化に合う人を採用するプロセス
  • 早期退職を防ぐオンボーディングのプロセス
  • 効果的な会議の仕組み(全社会議、1on1等)
  • リピートや紹介を生み出す顧客体験のマップ
  • 新人を戦力化させる人材育成の仕組み
  • 重要指標の設定
  • 仕事を段階的に委任する仕組み
  • 経営チームの運営方法
  • 事務作業のマニュアル化
  • 社内ルールの文書化
  • 販売手法のマニュアル化
  • 顧客への提供価値の明文化
  • 等々
まずはここから
仕組み化診断会@オンライン
無料期間の終了まで
仕組み化にご興味をお持ちいただいた方は、まずは診断会をご利用ください。診断会では、85項目の診断項目によって、自社の仕組み化レベルを可視化し、どこから手を付ければ良いのかをご理解いただけます。
診断会で得られる結果
  • 仕組み化診断スコアを基に、真の課題の把握。
  • 目指す姿の明確化と必要な仕組みの明確化。
  • 「間違った仕組み化」を知り、避けることが出来る。
  • 自分の仕事の仕方を振り返り、時間の使い方、仕事の仕方をどう変えればよいのか理解できる。
診断会の流れ
担当コーチ
診断会は、専門のトレーニングを受けた仕組み経営コーチ(一般財団法人日本アントレプレナー学会認定)が担当させていただきます。
価格
1万円(税別)
  • 目安として社員数30名~の会社経営陣、または社長就任予定の方が対象になります。
無料でのお申込みは以下の「日程調整へ進む」ボタンをクリックしてください。
  • 決済完了後、担当コーチより日程調整のご案内をさせていただきます。
仕組み化診断会監修者
写真左:マイケルE.ガーバー氏、中央:ガーバー氏の奥様ルーズデリア氏、右:清水(カリフォルニア州カールスバッドにて)

清水直樹

一般財団法人日本アントレプレナー学会 代表理事

大学卒業後、マイクロソフト日本法人に入社。その後独立し、海外不動産の紹介会社を起業した後、携帯電話普及の波に乗る形で、モバイルコマース事業の創業メンバーとして参加。上場を目指すが経営メンバー同士の空中分解によって頓挫。その後、海外の経営ノウハウをリサーチし続け、2011年に世界No.1のスモールビジネスの権威、マイケルE.ガーバーと出会う。同氏の日本におけるマスター・ライセンシーとなり、2013年には日本初のE-Myth社認定コーチ(E-Myth社はマイケルE.ガーバーが創った世界初の中小企業向けビジネスコーチング会社)になる。

マイケルE.ガーバー氏とは?

世界700万部以上のベストセラー「はじめの一歩を踏み出そう(原題:E-Myth Revisited)」著者。経営の仕組み化等、新しい概念を提唱し、現在につながる、中小企業経営の新しいスタンダードを創った。また、Inc 500社(急成長企業500社を選出したランキング)のCEOが推薦する書籍として、「7つの習慣」や「ビジョナリーカンパニー」などの名著を抑え、ナンバーワンを獲得。 出版後、10年以上経った現在においても、「最も影響力のあるビジネス書25選(米タイム誌)」、「もっとも役に立ったビジネス書ベスト5(米ウォールストリートジャーナル)」に選ばれるなど、中小企業経営のバイブルとしてロングセラーとなっている。

これまでの活動実績の一部

中小・成長企業の世界的権威マイケルE.ガーバー氏が開発した経営プログラム(現在は終了)を開催。世界で最も多い300名以上の卒業生を輩出。また、同氏氏認定のファシリテーターを20人以上排出(世界最多。現在は終了)。

チャットワーク創業者山本氏、新家元制度提唱者前田出氏、ビズリーチ共同創業者の佐藤和男氏、東証一部上場ビューティガレージ創業者野村氏を招いて、急成長企業を支える仕組みづくりの講演会を開催。

ザッポス、パタゴニア等、海外の急成長企業を複数回視察、シリコンバレーの伝説的起業家・投資家スティーブブランク氏を訪問してインタビューを実施。

有名メディアであるフジサンケイビジネスアイ(イノベーションズアイ)にインタビュー/コラムを連載中。

お勧め記事
一般財団法人日本アントレプレナー学会
〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-7-20 DOTビル 2F
TEL:03-6869-6985
FAX:03-6868-5694

特定商取引法による表記
プライバシーポリシー
仕組み経営事例インタビュー

元の画面に戻るには、ウィンドウ右上の×印をクリックしてください。